正しいダイエット方法

ダイエットをしたいと思う人は、いろんな方法を試しているでしょう。正しいダイエット方法とはどのようなものでしょう。脂肪がついて体重が増えるのは、食事で摂ったカロリーが一日の活動ですべて使い切れず、余ったカロリーが脂肪として蓄積されるからです。摂ったカロリーがエネルギーとして使われると、水分と炭酸ガスが排出されます。この仕組みを「代謝」と言います。代謝がスムーズな人は、なかなか太りません。逆に何らかの原因で代謝機能が低下している人が太りやすくなっているのです。つまり、ダイエットのカギを握っているのは「代謝」ということになります。食べ過ぎてカロリー過多にならないようにすることや代謝を活発にすることが、確実なダイエットでは重要になっています。カロリー過多がよくないからと言って、食事を抜いたり一品目しか食べないといったダイエットは決して健康的な方法とは言えません。また、急激に体重を落すと、リバウンドを起す原因になるので注意が必要です。栄養補給が急に絶たれると、身体は活動を維持するためにエネルギー蓄積モードになります。それで代謝機能が低下し、痩せた後に普通の食事に戻した際、以前よりも太りやすい身体になってしまうのです。健康的にダイエットしたいのなら、食事は抜かないようにします。栄養バランスとカロリーを考えた食事をして、有酸素運動を習慣化して代謝を促進すること、これが一番正しいダイエット方法です。